中国人的法律咨询专家 中国人の法律相談に対応できる弁護士なら麹町大通り総合法律事務所

03-3556-7441

  • 首页 HOME
  • 事务所简介 事務所紹介
  • 专业队伍 弁護士紹介
  • 专业领域 取扱い分野
  • 费用 費用
  • 依赖者心声 依頼者の声
  • 新闻媒体 メディア掲載
  • 国际合同 国際契約
  • 劳务问题 労務問題
  • 债权回收 債権回収
  • 入境管理 入管法
  • 国际离婚 国際離婚
  • 交通事故 交通事故
  • 刑事案件 刑事事件
  • 以及其它 その他
  • HOME
  • 费用 / 費用

費用の目安

現在、弁護士報酬は日弁連報酬規程が撤廃されて自由化されています。
したがって下記基準を参考にして、弁護士と依頼者で協議したうえで自由に決めることができます。

本杉事務所では、初回の法律相談において、方針とその場合にかかる費用をご説明します。
その上で依頼者が当事務所に案件を委任される場合、弁護士費用を明記した委任契約書を作成します。
また、弁護士費用以外に実費(交通費、印紙代、予納金など)がかかる場合があります。

1.法律相談料

 基本 30分 5,000円(税込み)

 ※当事務所では、金融取引の被害救済に注力しており、現在、個人で先物取引等の被害に遭われた方に対し、初回相談のみ無料相談(金融案件のみ)を実施しております。
 ※但し、法人の方、セカンドオピニオンのご相談の方については30分当たり5,400円[税込み]のご相談料を頂いておりますので、ご了承下さい。

 

2.民事訴訟

 (1)着手金 事件の経済的な利益の額が
300万円以下の場合 8%
300万円を超え3,000万円以下の場合 5%+9万円
3,000万円を超え3億円以下の場合 3%+69万円
3億円を超える場合 2%+369万円
 ※左記基準を参考にして依頼者の資力、事案の難易、労力などを考慮したうえで決めます。なお着手金の最低金額は10万円で、着手金の減額、分割払いにも応じています。
また事件の長期化が予想される場合、着手金の金額を抑えて中間金を設けることもあります。
 (2)報酬金 事件の経済的な利益の額が
300万円以下の場合 16%
300万円を超え3000万円以下の場合 10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合 6%+138万円
3億円を超える場合 4%+738万円
 ※左記基準を参考にして依頼者の資力、事案の難易、労力などを考慮したうえで決めます。
なお着手金を低額に抑えた場合、報酬金はその分割り増しになります。
 (3)実費 

各自負担

(印紙代、郵券代等)

 

 

3.示談交渉及び調停事件

 (1)着手金  3(民事訴訟)の金額の3分の2  ※示談交渉から調停に移行しても着手金はかかりません。
示談交渉または調停から訴訟に移行した場合、原則として3(民事訴訟)の金額の2分の1の額が追加でかかります。
 (2)報酬金  3(民事訴訟)の金額の3分の2  ※着手金の最低額は10万円。

 

4.顧問料

事業者の場合  月額5万円(原則) ※相談の頻度、内容などによって決まります。また金融機関などの高度な専門知識を要する場合の顧問料は左記金額と異なることがあります。

 

SttlTop3.jpg

 

 

费用基准

日本律师联合会报酬规程废弃后律师的报酬现已趋于自由化。
因此,以下记基准作参考,律师与委托人根据协商来自由商定。
 
本杉事务所对于初次法律咨询,在方针与到时需要的费用进行详细说明。
委托人将案件委托给本事务所时,我所将会制定明确记载律师费用的合同书。
并且,律师费以外实际产生的其它费用(交通费、印花税、预先支付的款项)等等。

 

1.法律咨询费

 30分钟5,000日元(不含税)
 
※本事务所致力于金融交易的被害援助,现在,针对遇到个人期财交易的被害者,实行初次免咨询费(仅限金融案件)。
※但是,对于法人与第二次咨询者将收取每30分钟5,250日元的咨询费,请给予理解。
 

2.民事诉讼

(1)报酬金
案件的经济利益额为300万日元以下时为8%
300万日元以上3,000万日以下时为5%+9万日元
3,000日元以上3亿日以下时为3%+69万日元
3亿日元以上时为2%+369万日元
※左记基准作为参考,根据委托人的财力、案件的难易、劳力等考虑后决定。并且,着手金最氏为10万日元,并对应着手金的减额、分期付款。
并且,如案件有长期化预想时,将会控制着手金的金额转为收取中间金的形式。
(2)报酬金
案件的经济利益额为300万日元以下时为16%
300万日元以上3,000万日以下时为10%+18万日元
3,000日元以上3亿日以下时为6%+138万日元
3亿日元以上时为4%+738万日元
※左记基准作为参考,根据委托人的财力、案件的难易、劳力等考虑后决定。
并且着手金控制在低额时,报酬金将增加几成收取。
(3)实际产生  其它费用
各自负担
(印花税、邮费等)
 

 

3.谈判交涉与调停案件

着手金 3(民事诉讼)的金额的3分之2
※由谈判交涉转变为调停时不需要着手金。
谈判交涉或由调停转为诉讼时,原则上将追加3(民事诉讼)的金额的2分之1的金额。
报酬金 3(民事诉讼)的金额的3分之2 ※着手金最低额度为10万日元

 

4.顾问费

经营者的  情况下 月额5万日元(原则) ※根据咨询的频度与内容决定。并且如果需要进行金融机关高度的专业知识方面的咨询时,收费标准将不同于左记的金额。

 

 

SttlTop3.jpg

事务所简介 / 事務所紹介 专业队伍 / 弁護士紹介 专业领域 / 取扱い分野
费用 / 費用 委托者心声 / 依頼者の声 新闻媒体 / メディア掲載